打ち子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

打ち子(うちこ)とは、ゴト用語で、

  1. ゴト師に雇われてパチンコパチスロの台から玉やメダルを抜く人を指す。 5~6人で徒党を組み、様々な手口で玉やメダルを抜く。島の両端に監視人、実行犯を両隣から被せるようにして監視カメラから隠すなど、役割分担をする。当然ながら窃盗の共謀共同正犯であり、刑事罰の対象である。
  2. ホールに雇われてサクラとして遊技をする者を指す。ホールが繁盛していることを見せかけるための手段。報酬はあらかじめ決まっており、遊技代は店持ちで遊技する代わりに出玉の換金は全額返納をする。ただし遊技場組合を始め店側は打ち子の存在を一切認めていないため、公の存在ではない。

インターネットや雑誌で打ち子を募集していることもあるが、これはカモに登録料を数十万円払わせる詐欺であることがほとんどである。なお、打ち子も犯罪であり、刑事罰の対象となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]