手束仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

手束 仁(てづか じん、1956年 - )は、株式会社ジャスト・プランニング代表取締役である。スポーツに関する著作の執筆や、実用書の編集を手掛けている。愛知県出身。愛知県立半田高等学校國學院大學[1][2]。いとこはライターの広尾晃[1]

来歴[編集]

大学卒業後、大映映像事業部、編集プロダクションでの10年間の勤務を経て、スポーツ作家及びビジネス実用書等の編集制作者として独立。2012年4月にジャスト・プランニングを設立[1][2]

野球を中心に、各種スポーツに関する著作がある。また、各方面での講演活動も行っている。

年間の野球試合観戦数は300試合に及び[2]、高校野球の練習試合なども取材対象としている[3]

J SPORTSウェブサイトや、高校野球ドットコムなどにコラムを連載している[1][2]

主な著書[編集]

  • 『流れの正体~もっと野球を好きになる』(日刊スポーツ出版)
  • 『甲子園出場を目指すならこの監督』(日刊スポーツ出版)
  • 『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社)
  • 『甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
  • 『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)
  • 『甲子園出場を目指すならコノ高校』(駿台曜曜社)
  • 『三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
  • 『スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
  • 『甲子園に出る 高校ガイド』(廣済堂出版)
  • 『野球県民性』(祥伝社新書)
  • 『プロ野球における正義とは何か』(イースト・プレス)

脚注[編集]

外部リンク[編集]