成田一徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

成田 一徹(なりた いってつ、1949年(昭和24年)10月9日 - 2012年(平成24年)10月14日)は、日本の切り絵作家、バー評論家。本名、成田 徹(なりた とおる)。兵庫県神戸市出身。1988年(昭和63年)、切り絵作家として独立。新聞雑誌書籍を中心に作品を発表。BARの情景を刻んだモノクロの切り絵は、30数年来のライフワーク。個展、グループ展多数開催。講談社フェイマススクール・インストラクター。Society Of Illustrators (New York) 会員。日本出版美術連盟会員。2012年(平成24年)10月、脳内出血により死去[1]

経歴[編集]

公務員として勤務する一方、バーの多彩な魅力を切り絵で表現することをライフワークとした。1988年(昭和63年)に切り絵作家として独立。をテーマにした作品も多く、2002年(平成14年)から、関西の風景や人物をテーマに「どこへ一徹 切り絵旅」を朝日新聞に連載。「神戸の残り香」は、阪神大震災をはさみ街から消えて行く古き良き神戸を表現。神戸の街に漂うなつかしさ、温かさ、大人のにおいを残した。2007年(平成19年)から、都内の街角を題材にした「東京シルエット」を連載し、文章も自ら書いた。  2007年(平成19年)から、雑誌「あまから手帖」でも「カウンターの中から」を連載。バーカウンターの中から見た光景を、切り絵と柔らかな文章で表現した。2012年(平成24年)10月14日、脳内出血で死去、63歳。2013年(平成25年)1月27日に「偲ぶ会」が、神戸市東灘区住吉本町2の29の15、甲南大学平生記念セミナーハウスで行われる。


作品一覧[編集]

  • 『一徹の酒場だより』 (あまから手帳)
  • 『最新切り絵教室』 (誠文堂新光社)
  • 『成田一徹の切り絵12ヶ月カット集』 (誠文堂新光社)
  • 『切り絵工房3冊シリーズ』 (誠文堂新光社)
  • 『The Cigger Story』 (集英社)
  • 『TO THE BAR』 (朝日新聞社)
  • 『神戸の残り香』 (神戸新聞総合出版センター)

脚注[編集]

外部リンク[編集]