慶長大地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

慶長大地震(けいちょうおおじしん)は慶長年間(1596年 - 1615年)に日本列島で起こった地震慶長の大地震(けいちょうのおおじしん)ともいう。ただし、正確には慶長伊予地震、慶長豊後地震、慶長伏見地震発生は文禄5年であり、その後、これらの天変地異を期に文禄から慶長に改元されている。

なお、1596年の3つの地震は記録の日付が錯綜しており、慶長豊後地震を9月1日とするものもある。また、1605年の慶長地震は定説であった南海トラフ震源ではないという異論も出され[1][2]、さらに従来三陸沖が震源とされてきた1611年の慶長三陸地震も北海道太平洋沖に震源を持つ超巨大地震との説が出されるなど[3]、震源域に諸説あって不明なものも多い。

慶長年間の主な地震[編集]

発震日時は全てグレゴリオ暦

出典[編集]

  1. ^ 松浦律子「1605年慶長地震は南海トラフの地震か?、第30回歴史地震研究会(秋田大会)」2013年
  2. ^ 石橋克彦、原田智也「1605(慶長九)年伊豆-小笠原海溝巨大地震と1614(慶長十九)年南海トラフ地震という作業仮説」日本地震学会2013年秋季大会講演予稿集、2013年、D21‒03
  3. ^ 平川一臣「千島海溝・日本海溝の超巨大津波履歴とその意味」『科学』82巻2号、2012年、 172-181頁。NAID 40019140919
  4. ^ 今村明恒「大寳元年及び慶長元年の陷沒性本邦大地震に就て」『帝國學士院紀事』4巻3号、1946年、 369-384頁。doi:10.2183/tja1942.4.369
  5. ^ 永島福太郎「世紀末と慶長大地震」『日本歴史』584号、吉川弘文館、1997年、 89-91頁。NAID naid/40003068400
  6. ^ 谷弥兵衛「吉野材木業史試論」『林業経済研究』47巻2号、 1-8頁。
  7. ^ 大森房吉「本邦大地震概表」『震災豫防調査會報告』 88(乙)、1919年、1-61 NAID 110006606205, hdl:2261/17374
  8. ^ 内藤昌, 大野耕嗣, 高橋宏之、「伏見城 (II) : 武家地の建築 : 近世都市図屏風の建築的研究 : 洛中洛外図・その 4」『日本建築学会論文報告集』 182巻、1971年、p.65-75,90, doi:10.3130/aijsaxx.182.0_65
  9. ^ 渡辺偉夫「改訂日本およびその周辺の津波の表」『地震 第2輯』36巻 1号、1983年、p.83-107doi:10.4294/zisin1948.36.1_83
  10. ^ 杉本賢司、「巨大地震の調査と対策(建材探訪) 」 『Finex』 23(136), 38-42, 2011-05, NAID 110008685879、日本建築仕上学会
  11. ^ 飯沼勇義『仙台平野の歴史津波 巨大津波が仙台平野を襲う』 宝文堂、1995年