慈航道人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

慈航道人(じこうどうじん)は、中国代に成立した神怪小説封神演義」に登場する仙人。崑崙12大師の1人で、普陀山・落伽洞に洞府を構える。元始天尊の直弟子。

十絶陣、董全の「風吼陣」を度厄真人の「定風珠」を使用して撃破。また、万仙陣の戦いでも活躍。宝貝として瑠璃瓶や長虹索を所有。

後に観音菩薩となる。

関連項目[編集]