情無用の街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
情無用の街
The Street with No Name
The Street with No Name (1948) 1.jpg
監督 ウィリアム・ケイリー
脚本 ハリー・クレイナー
製作 サミュエル・G・エンゲル
出演者 マーク・スティーヴンス
リチャード・ウィドマーク
ロイド・ノーラン
音楽 ライオネル・ニューマン
撮影 ジョセフ・マクドナルド
編集 ウィリアム・H・レイノルズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年6月25日[1]
日本の旗 1952年1月19日[2]
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

情無用の街』(なさけむようのまち、原題:The Street with No Name)は、1948年に公開されたアメリカ映画

本作は、ハリー・クレイナーがFBIの記録をもとに脚本を書き、実際に起こった事件を描いたセミドキュメンタリー作品である。

ストーリー[編集]

5日間で2件の襲撃殺人事件が起こる。調査すると、2件の事件で用いられた銃は同じものであることが判明する。そこで、フーバー長官はジョージ・A・ブリッグス警部を捜査責任者に任命し、FBIは捜査を開始する。捜査した結果、ロバート・ダンカーという男が容疑者として浮上するが、彼にアリバイがあることがわかる。ブリッグス警部が彼に会いに行くと、ジョン・スミスという人物が保釈金を払い釈放されていた。その夜、ダンカーが殺害されているのが見つかり、FBIのジーン・コーデルはダンカーの行動を知るため、潜入捜査を始める。

街に来たコーデルはジョージ・マンリーとして暮らし、次第に顔を知られてきた。コーデルは、ボクシングのジムでオーナーだというアレック・スタイルズに会う。その後、ダンカーと同じ状況を作り出すため、コーデルはマンリーとして逮捕されることになり、FBIは偽の犯罪記録を作成し、彼を釈放する。街に戻ったコーデルは、アレックに会い組織に誘われる。誘いを受けた彼は、襲撃事件がアレック一味の犯行であることを確信し、FBIに報告する。コーデルが街を出たことで、アレックの部下に疑われるがやり過ごす。そして、アレック一味は襲撃計画を立て始めた。それをFBIに報告するコーデルだったが、見張っているFBIの情報を何者かが流し、アレックは計画を中止する。

アレックのアジトに忍び込んだコーデルは、銃弾を手に入れるがアレックと鉢合わせしそうになるが逃げ切る。しかし、アレックは侵入者を調べるため、銃の指紋の照合をFBIの内通者であるラルフ・デモリーに頼む。すると、コーデルのものであることが判明する。一方、コーデルが送った銃弾が、2件の事件に使われたものと一致したことで、フーバー長官がアレック一味と内通者のデモリーの逮捕命令が通達される。だが、身元がばれたコーデルは、アレックに工場の金庫を開けるよう言われ開けると、始末されそうになる。そのとき、FBIが工場に乗り込み、アレック一味は全員が射殺された。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ版
ジーン・コーデル マーク・スティーヴンス
アレック・スタイルズ リチャード・ウィドマーク 大塚周夫
ジョージ・A・ブリッグス警部 ロイド・ノーラン
ジュディ・スタイルズ バーバラ・ローレンス
バーナード・ハーマッツ署長 エド・ベグリー

スタッフ[編集]

  • 監督:ウィリアム・ケイリー
  • 脚本:ハリー・クレイナー
  • 製作:サミュエル・G・エンゲル
  • 撮影:ジョセフ・マクドナルド
  • 編集:ウィリアム・レイノルズ
  • 音楽:ライオネル・ニューマン

脚注[編集]

  1. ^ Release dates for The Street with No Name”. IMDb. 2012年4月3日閲覧。
  2. ^ 情無用の街”. キネマ旬報. 2012年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]