情報起業家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

情報起業家(じょうほうきぎょうか)またはインフォプレナーとは、自分自身あるいは自社の成功ノウハウやビジネスツールなどを電子書籍CDDVDなどの形態で販売する個人や企業経営者を指す。なお、インフォプレナーはインフォメーション(情報、Information)とアントレプレナー(起業家、Entrepreneur)を合成した造語である。 自分のノウハウをインターネットやセミナーで売る手法はアメリカ発祥のビジネススタイルだが、日本では2001年に大前研一が著書で紹介している。[1]

問題点[編集]

  • 詳細は情報商材を参照。
  • 大半が合法的なものだか、一部の情報商材で違法なマルチ商法やねずみ講など犯罪行為を紹介する内容があり、問題となっている。また、一部の情報商材では内容に比して、金額が高いなどの苦情も存在する。
  • 一部の情報商材では、内容が書店で購入できるレベル以下のものもあり、不当に高額すぎるとの苦情もある。

関連項目[編集]

  1. ^ 大前研一大前研一のアタッカーズビジネススクール〈Part4〉「一人勝ち」時代の起業成功講座(2001年8月14日)