恋の渦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

恋の渦』は、演劇ユニット・ポツドールによる日本の演劇作品、およびそれを原作とした日本映画

脚本・演出は三浦大輔。岸田國士戯曲賞受賞作『愛の渦』に続く、ポツドール「渦」シリーズ第二弾。合コンを機に集まった9人の男女が過ごす4つの部屋を舞台に、本音と嘘が何重にも交じり合った恋愛の本質を描く[1][2]

あらすじ[編集]

友人オサムに女の子を紹介するために、ある若い同棲カップルのコウジとトモコはホームパーティを企画する。一同は紹介されたユウコのルックスにがっかりし、険悪な雰囲気になる。全てが空回りし、微妙な空気のままコンパは終わったはずだったが、その夜を境に、パーティから帰ったそれぞれの部屋では男女9人の交錯する恋心と下心、本音と嘘が渦巻いていく。

舞台[編集]

2006年11月29日 - 12月10日THEATER/TOPSにて上演。

キャスト(舞台)[編集]

スタッフ(舞台)[編集]

  • 脚本・演出 : 三浦大輔
  • 企画・制作 : ポツドール

映画[編集]

恋の渦
監督 大根仁
脚本 三浦大輔
原作 三浦大輔
製作 山本政志
撮影 大根仁
大関泰幸
高木風太
編集 大根仁
大関泰幸
配給 シネマ☆インパクト
SPOTTED PRODUCTIONS
公開 日本の旗 2013年3月30日
上映時間 138分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

大根仁監督による長編映画第2作。山本政志監督率いる映画ワークショップ「シネマ☆インパクト」内の1企画として制作された。キャストは全員ワークショップで選ばれた俳優陣で構成され、顔合わせ1週間でクランクイン、わずか4日間で撮り上げた[3]

2013年3月30日 - 4月19日の「シネマ☆インパクト」限定上映で連日満席の上、追加上映までされる大ヒットを記録したことから、同年7月6日より渋谷シネクイントで単独公開された[3]。さらに反響を呼び、同年8月31日からは全国順次拡大ロードショーされた[4]

キャスト(映画)[編集]

  • コウジ:新倉健太
  • トモコ:若井尚子
  • カオリ:柴田千紘
  • ユウコ:後藤ユウミ
  • ユウタ:松澤匠
  • ナオキ:上田祐揮
  • タカシ:澤村大輔
  • オサム:圓谷健太
  • サトミ:國武綾
  • 松下貞治

スタッフ(映画)[編集]

  • 監督・撮影・編集:大根仁
  • 原作・脚本:三浦大輔
  • 制作:山本政志
  • 撮影:大関泰幸、高木風太
  • 録音:岩倉雅之、光地拓
  • 編集:大関泰幸
  • 制作担当:吉川正文
  • 助監督:甫木元空
  • 美術:碓田佐紀子
  • 美術協力:磯見俊裕
  • ヘアメイク:影山聡美
  • 衣装協力:伊賀大介、destination Tokyo
  • 配給・製作:シネマ☆インパクト
  • 配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ vol.15 恋の渦”. ポツドール. 2014年8月26日閲覧。
  2. ^ ポツドールvol.15『恋の渦』”. シアター・テレビジョン. 2014年8月26日閲覧。
  3. ^ a b 撮影日数わずか4日間! 大根仁監督長編第2作「恋の渦」キャスト全員が舞台挨拶”. 映画.com (2013年7月7日). 2014年8月26日閲覧。
  4. ^ ナイナイ岡村も絶賛するギトギト青春映画『恋の渦』 8月末より全国で拡大公開”. Aol News (2013年8月22日). 2014年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]