応天府書院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
応天府書院
各種表記
繁体字 應天府書院
簡体字 应天府书院
拼音 Yìngtiānfŭ shūyuàn
英文 Yingtianfu Academy of Classical Learning
テンプレートを表示

応天府書院(おうてんふしょいん)は中華人民共和国河南省商丘市睢陽区の商丘古城の南側に広がる湖の外側にあった書院。河南省の嵩陽書院湖南省岳麓書院江西省白鹿洞書院と並んで中国四大書院と併称される。北宋「四大書院」の首になっている[1]

歴史[編集]

五代後晋(936年—947年)の時、商丘の人楊慤中国語版は教育を好み、帰徳軍の将軍趙直扶助の下で睢陽学舎を創設し、自ら講義した。楊愨が亡くなった後、彼の学生戚同文が師の事業を継承し、引き続き学校を運営した。宗度中国語版許驤中国語版陳象輿中国語版高象先中国語版郭成范中国語版王礪中国語版等台閣の重臣となった有名な人物を輩出した。戚同文病死の後、閉校となった。

北宋大中祥符二年(1009年)、地元富商の曹誠が先頭に立って出資し、書院を再建。宋真宗から「応天府書院」の額を賜った[2]天聖四年(1026年)、范仲淹が母を亡くして商丘において喪に服した際、彼は知府晏殊を応天府書院に招聘した[3]景祐元年(1034年)、府学に改制し、官府は10頃地から学校運営の経費を充当している。慶暦三年(1043年)、范仲淹の「慶暦新政中国語版」、南京国子監に昇格。西京国子監(現在の洛陽市)、東京国子監(現在の開封市)と並んで北宋の最高学府と併称される。熙寧二年(1069年)、王安石の変法により、書院は学校制度の改革として「三舎法」を実施した。靖康二年(1127年)、靖康の変金軍侵攻の火難で、応天府書院は全焼した[4]。応天府書院は250年近く荒れ果てた。

明代弘治十五年(1502年)、黄河が氾濫し、書院が土砂に埋もれた。正徳六年(1511年)、知州楊泰と周冕は書院を再建した。当時の建造物が5点(明倫堂、大成殿、月芽池等)現存する。嘉靖十年(1531年)、巡按御史蔡璦は書院を修復、大改修後に「応天書院」に名を戻した。万暦七年(1579年)、宰相張居正は天下のすべての学校取り壊しを命じたため、書院も撤去された。万暦二十九年(1601年)、知府鄭三俊は書院を再建した。当時は范仲淹を記念して「范文正公講院」と称した。鄭三俊は自ら授業をし。侯恂中国語版侯恪中国語版葉廷貴中国語版練国事中国語版等重臣となる有名な人物を育てた。

清代順治八年(1651年)、侯方域中国語版『重修書院碑記』を撰した。順治十五年(1658年)、講堂が符応琦中国語版によって建立され、学校が再開。康熙十三年(1674年)知府閔子奇中国語版は書院を修復する。康熙四十年(1701年)、郡義学に改制する。乾隆十三年(1748年)、知府陳錫格中国語版は書院を再建した。光緒三十一年(1905年)、清政府の廃止により范文正公講院の名称が歸德府中学堂と改称。

2001年10月、中国共産党中央政治局常務委員、国務院副総理、当時河南省省長の李克強は商丘古城を視察して「応天府書院の歴史的意義が非常に大きいので、できるだけ早く応天府書院を復旧させる」よう指示した。2004年から2006年に再建された際、圍墻、大門、崇聖殿、道路、門前広場、状元橋の建立にあたっては、従来通り復元することが求められた。2007年10月1日、国内観光客に一般公開される。2009年3月20日、応天府書院創立記念1000週年式典を挙行した。

建築[編集]

2004年に大規模な再建によって、現在の基礎が築かれた。応天府書院の面積は50余畝、建築面積は4116.8平方メートル[5]

  • 大門:2006年に再建。
  • 圍墻:2006年に再建。
  • 道路:2006年に再建。
  • 崇聖殿:2005年に再建。
  • 大成殿:正德六年(1511年)に再建。
  • 前講堂
  • 御書楼
  • 状元橋
  • 明倫堂:正德六年(1511年)に再建。
  • 月芽池:正德六年(1511年)に再建。

脚注[編集]

  1. ^ 托克托・脱脱 『宋史』 中華書局、2014年5月1日ISBN 9787101003239。「北宋興学、始於商丘。天下庠序、視此而興。」
  2. ^ 呂中 『宋大事紀講義卷七 真宗皇帝 建学』。「祥符二年二月、賜応天府書院额。州郡置学始此。」
  3. ^ “四大书院之睢阳书院 范仲淹曾在此就学教书” (中国語). 騰訊網. (2013年11月15日). http://ru.qq.com/a/20131115/013206.htm 
  4. ^ “应天书院 辉煌一时的读书圣地” (中国語). 鳳凰網. (2014年10月27日). http://js.ifeng.com/travel/tips/tj/detail_2014_10/27/3067870_0.shtml 
  5. ^ “商丘应天书院续建项目” (中国語). 人民網. (2010年9月28日). http://qingyuan.people.com.cn/GB/22220/198340/204109/12843841.html 

外部リンク[編集]