岳麓書院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岳麓書院

岳麓書院(がくろくしょいん)は中国四大書院の一つで、湖南大学の前身の一つ[1]。現在も湖南大学が管理している。岳麓山風景区の観光地。

歴史[編集]

北宋開宝五年(976年)、潭州太守の朱洞が設立。咸平二年(999年)、潭州太守の李允則は書院を擴建した。咸平四年(1001年)、宋真宗から『史記』『玉篇』『唐韻』の儒家典籍と「岳麓書院」の額を賜った。王禹偁の『潭州嶽麓山書院記』に云く:「使里人有必葺之志、学者無将落之憂。誰謂瀟湘?茲為洙泗。誰謂荊蠻?茲為鄒魯。」大中祥符五年(1012年)、初代目の山長(学長)に周式が就任[2][1]

宋の乾道元年(1165年)、湖南安撫使の劉珙は書院を修復する。張栻が書院教事に就任する。乾道三年(1167年)、儒学者の朱熹はここに講義[3]紹熙五年(1194年)、湖南安撫使の朱熹は書院を重修した。淳祐六年(1246年)、宋理宗から「岳麓書院」の額を賜った。嘉定十五年(1222年)、湖南安撫使の真徳秀は書院を修復する。儒学者の張忠恕張庶の兄弟(張栻の甥)はここに講義。徳祐元年(1275年)、元右丞相の阿里海牙は兵士を潭州に攻撃する、書院の生徒は戦いに参加し、壮烈に犠牲になった[1]

元代延祐元年(1314年)は書院を重修した。至正二十八年(1368年)、紅巾軍の火難で、岳麓書院は全焼した[1]

明代弘治七年(1494年)、長沙府通判の陳鋼は書院を再建した、翌年完工。弘治九年(1496年)、楊茂元王瑫は書院を修復した。正徳二年(1507年)、守道の呉世忠は書院を擴建する。同年、儒学者の王陽明はここに講義。嘉靖五年(1526年)、六君子堂(六君子:朱洞、李允則、劉珙、周式、陳鋼、楊茂元)は学道許宗魯と知府楊表によって建立された。嘉靖六年(1527年)、長沙知府の王秉良は書院を重修した。延賓館、集賢館、尊経閣、崇道祠を増築した。嘉靖九年(1530年)、嘉靖帝から、「敬一」の箴を賜った。嘉靖十八年(1539年)、長沙知府の季本(王陽明の弟子)は書院を修葺する。万暦十年(1571年)、王陽明の弟子の張元忭はここに講義[1]

清代康熙二十五年(1686年)、巡撫丁思孔は書院を再建した。郭金門が山長に就任する。康熙二十六年(1687年)、康熙帝から「学達性天」の額を賜った。乾隆八年(1743年)、乾隆帝から「道南正脈」の額を賜った。同治七年(1868年)に大規模な再建によって、現在の基礎が築かれた。嘉慶十七年(1812年)、濂溪祠が修築されている。光緒二十九年(1903年)、清政府の廃止により岳麓書院の名称が湖南高等学堂と改称[1]

民国元年(1912年)、「湖南大学」と改称[1]

1988年中華人民共和国全国重点文物保護単位に指定された。

地理[編集]

岳麓書院の土地面積は21,000平方メートル。

建築[編集]

清末民初時期の岳麓書院
  • 大門
  • 二門
  • 講堂
  • 半学斎
  • 教学斎
  • 百泉斎
  • 御書楼
  • 湘水校経堂
  • 文廟
大門
二門
講堂
御書楼
文廟
崇道祠
麓山寺碑亭
赫曦台
吹香亭

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 朱漢民、鄧洪波 『岳麓書院史話』 湖南大学出版社、湖南省長沙市、2014年5月1日ISBN 978-7-81113-071-3
  2. ^ [「自五代蒋維東隱居南嶽、聚徒講学、授業者称曰山長。迄宋始以山長為学職、由帥司辟置、蓋又為山長得名之始。」——『荊湘近事』]
  3. ^ [「一時與馬之衆、飲池水立涸。」「自此之後、岳麓之為岳麓、非前之岳麓矣!」——元代呉澄『重建岳麓書院記』]

外部リンク[編集]

座標: 北緯28度11分02秒 東経112度56分08秒 / 北緯28.18389度 東経112.93556度 / 28.18389; 112.93556