心拍計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
心拍計

心拍計 (しんぱくけい、英語 heart rate monitor) は、心拍数を測定・表示・記録する装置。脈拍計(みゃくはくけい)ともいう。主に胸部に取り付けるセンサーと表示・記憶装置から構成される。スポーツ用の表示・記憶装置は、主として腕時計型をしている。機種により、特定のスポーツに対応したオプションのセンサーをもつものや、消費カロリーの計算、速度計算などの機能を兼ね備えているものもある。

概要[編集]

市販の個人用心拍計は、一般に胸部に取り付けるセンサーと腕時計型の表示装置の二つの部分によって構成されるものが多いが、簡易型の機種では、腕時計型の装置にセンサーを備えているものもある。最も簡単なものでは、小型の装置に指を当てるだけというものもある(赤外線で血流を測定している)。胸部に心電図検出用のセンサー(電極)を付けるものがより正確な測定が行えるとされる。

胸部に取り付けるセンサーは、電極電池送信機をベルトで固定するタイプがある。女性用の機種には、ブラジャーとセンサーを一体にしたものもある。また、腕時計型の表示装置は、センサーから電波に乗せて送信された測定データを受信し、演算し、液晶装置を用いて表示し、データを一定回数記憶できるようにしたものある。

機構としては、電極で心電図を測定し、その変化から心拍を検出し、心拍と心拍との間隔から、心拍数(=一分間あたりの心拍の数)を得、表示させる。表示装置のボタンを押すことで、記録をし、一定の時間内の平均心拍数、最大心拍数を表示したり、年齢によって決まる最大心拍数と安静時心拍数との差に対する比率を計算して、運動の強度を示したりできるものが多い。上位機種には、赤外線通信などによって、パソコンにデータを転送できるものもある。

また、自転車にもセンサーを取り付けて、車輪の回転数や歩数から走行距離を計算したり、時速を表示させたりできるものもある。合わせて、気温高度を測定できるものや、GPSで位置情報を記録できる高級機種もある。

電波を使用しているので、同時に同じ機種の装置を複数の人が使用すると、混信して、正確に記録できない場合があるが、これを回避できる機能を持ち、あるいは、10人程度のチームのメンバーのデータを同時に記録できる機能を持つ機種もある。

スポーツへの利用[編集]

心拍数と運動による身体への負荷には直線関係があるため、運動中の心拍数を把握することで、科学的なトレーニングを行うことが可能となる。

例えば、ランニングサイクリングの場合、走行するコースの勾配、風向きや風速、個人の運動能力などによって、同じ速度で走行していても、身体への負荷の大小は異なる。よって、どの程度の強度の運動をしているのかを客観的に把握するためには、運動中の心拍数を知る必要がある。また目標とする運動強度を心拍数によって定め、それに合わせて運動を行うことで、トレーニング効果を高め、達成度を知ることで心理的にも積極的にトレーニングを行うことが可能となる。

心拍数が一定の数値を超えると、無酸素運動となっていることが多いため、無酸素運動で循環器筋力の強化を図るのか、有酸素運動を行って体脂肪を減らすのかなど、目的に合わせたトレーニングをするにも心拍計の利用は有効である。

また、限界の心拍数を超えて運動を続けると突然死の危険があるが、これを回避して、安全にスポーツを行う目安ともなる。

主なメーカー[編集]

外部リンク[編集]