徳永兼一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳永 兼一郎
生誕 (1941-04-26) 1941年4月26日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (1996-05-17) 1996年5月17日(55歳没)
学歴 桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
職業 チェリスト
担当楽器 チェロ

徳永 兼一郎(とくなが けんいちろう、1941年4月26日 - 1996年5月17日)は、日本のチェロ奏者。

人物・来歴[編集]

本名は徳永健一郎。1941年4月26日、東京都生まれ。父はヴァイオリニストの徳永茂、妻はピアニストの徳永扶美子。また、 弟はヴァイオリニストの徳永二男。6歳より小野アンナにヴァイオリンを学び、 10歳でチェロに転向し、斉藤秀雄に師事する。 その後、桐朋学園大学に入学するも、1964年に中退してNHK交響楽団に入団し首席奏者となる。1973年、さらに研鑽をつむためドイツミュンヘンへ留学しワルター・ノータスに師事。 NHK交響楽団の首席奏者として活躍すると同時に、NHK交響楽団のメンバーで構成された東京八重奏団の一員として室内楽にも活躍した。また、東京音楽大学桐朋学園大学で後進の指導にもあたった。演奏家として円熟期を迎えていたが、癌を発症し、1996年に死去[1]。55歳没。

受賞歴[編集]

  • 1956年、第25回音楽コンクールチェロ部門で第1位特賞。
  • 1983年 第3回有馬賞受賞。

録音[編集]

  • 『白鳥 徳永兼一郎チェロ名曲集』コロムビアミュージックエンタテインメント 2008年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 死の直前にホスピスで開いた小さな演奏会の様子が残されており、NHK「にっぽん点描 最期のコンサート~あるチェロ奏者の死」として放送された(1996年11月17日初放送)。