得蔵寺 (輪島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
得蔵寺
所在地 石川県輪島市門前町安代原5-109
位置 北緯37度18分58.4秒 東経136度47分6.1秒 / 北緯37.316222度 東経136.785028度 / 37.316222; 136.785028座標: 北緯37度18分58.4秒 東経136度47分6.1秒 / 北緯37.316222度 東経136.785028度 / 37.316222; 136.785028
山号 滋徳山
宗派 浄土真宗系単立
本尊 阿弥陀如来
創建年 不詳
正式名 滋徳山 得蔵寺
公式サイト 滋徳山得蔵寺
法人番号 8220005006566 ウィキデータを編集
得蔵寺 (輪島市)の位置(石川県内)
得蔵寺 (輪島市)
テンプレートを表示

得蔵寺(とくぞうじ)は、石川県輪島市にある浄土真宗単立寺院[1]山号滋徳山(じとくさん)。

建立年代については不明だが、現存する資料によると文明4年(1473年)11月27日、真言宗太藏院の5代であった慈徳が、阿岸本誓寺の住職の勧奨により、越前吉崎に於いて蓮如の化導を受け、浄土真宗に帰依したと言う。

文化財[編集]

  • 聖徳太子木像 - 石田三成の守り本尊と伝えられる。
  • 雲龍の図(天井絵) - 能登出身の狩野派の絵師・泉龍嶂の晩年の作とされる。
いずれも1985年(昭和60年)12月24日に旧門前町の有形文化財に指定され、2006年の輪島市の発足に伴って輪島市の文化財となっている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 本寺との間に法的な包括関係を持たないため。浄土真宗東本願寺派を参照。
  2. ^ H29.02 文化財一覧表 (PDF)”. 輪島市 (2017年2月3日). 2018年5月7日閲覧。

外部サイト[編集]