後藤脩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後藤脩

後藤 脩(ごとう しゅう、1879年明治12年)8月11日[1]1957年昭和32年)1月15日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。三重県松阪市長

経歴[編集]

鳥取県会見郡彦名村(現在の米子市)出身[3]1903年(明治36年)より津市で出版業を始め、1924年大正13年)に組織を三重出版株式会社に改め、社長に就任した[4]。そのかたわら南勢新聞社常務取締役、松阪信用組合理事などに就任した。さらに松阪町会議員、同市会議員、三重県会議員、同参事会員に選出された[2][3]

1932年(昭和7年)、第18回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その後、1941年(昭和16年)から1946年(昭和21年)まで松阪市長を務めたが、戦後、公職追放となり[5]、追放解除後の1955年(昭和30年)、再び松阪市長に選出された。在職中の1957年(昭和32年)に死去した。

その他、笹川紡織株式会社取締役、合同瓦斯株式会社取締役などを務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第61回帝国議会衆議院議員名簿』、1932年。
  2. ^ a b 衆議院議員名鑑 1962.
  3. ^ a b c 衆議院議員略歴 1940.
  4. ^ 最新業界人事盛衰録 1931.
  5. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛松阪市」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年79頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 通俗経済社編 『最新業界人事盛衰録』 通俗経済社、1931年
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局、1940年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年