彼奴は顔役だ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
彼奴は顔役だ!
The Roaring Twenties
監督 ラオール・ウォルシュ
脚本 ジェリー・ウォルド
リチャード・マッコレイ
ロバート・ロッセン
原作 マーク・ヘリンジャー
製作 ハル・B・ウォリス
出演者 ジェームズ・キャグニー
ハンフリー・ボガート
プリシア・レーン
音楽 レオ・F・フォーブステイン
撮影 アーニー・ホーラー
編集 ジャック・キリファー
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 ワーナーブラザース日本支社
公開 アメリカ合衆国の旗 1939年10月23日
日本の旗 1955年9月16日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

彼奴は顔役だ!』(きやつはかおやくだ、The Roaring Twenties)は、1939年に製作された、ジェームズ・キャグニー主演のアメリカ合衆国の映画

概要[編集]

ジェームズ・キャグニーとハンフリー・ボガートが共演した3つの映画のうちの3つ目。 原題の「Roaring Twenties」とは狂騒の20年代を指す言葉である。

あらすじ[編集]

禁酒法時代の1920年代が舞台。第一次世界大戦後、エディは元の職に戻るつもりだったが拒否され、タクシー運転手として働き始める。

しかし、客の代わりに届けた荷物が密造酒だったため、この稼業に没頭し、第一次世界大戦中の戦友であったジョージを相棒に、ロイドを法律顧問に迎え密造酒を製造し、財産を増やしていった。

だが、ジョージはエディのやり方についていけず、ロイドにはジーンを奪われ仲違いになる。そこへ大不況が彼を襲う。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1968年1月21日『日曜洋画劇場』)

DVD[編集]

ワーナーホームビデオから正規版のDVDが発売されている。[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]