彦部家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
彦部家住宅
所在地 群馬県桐生市広沢町六丁目877
位置 北緯36度22分24.8秒
東経139度20分53.8秒
類型 武家屋敷
形式・構造 入母屋造茅葺(主屋)
敷地面積 20,607.15平方メートル
建築年 江戸時代初期(主屋)
文化財 重要文化財(1992年8月10日指定)
テンプレートを表示

彦部家住宅(ひこべけじゅうたく)は、群馬県桐生市広沢町にある歴史的建造物である。

昭和51年(1976年)5月7日に「彦部氏屋敷」の名で群馬県の史跡に指定され、平成4年(1992年)8月10日に「彦部家住宅」の名で重要文化財に指定された。

概要[編集]

桐生市広沢町の手臼山の麓に位置する。山裾以外の三方に土塁と堀を設け、南の大手口に長屋門、北の搦手口に櫓台を築いた中世の屋敷構えを残している。主屋や長屋門は江戸時代に建てられたものである。

彦部家は家蔵の「高階朝臣家譜」によると、天武天皇の長子である高市皇子を祖とする。高市皇子から六代目で臣籍降下し高階姓となり、高階氏鎌倉時代陸奥国斯波郡彦部郷に移り、彦部姓を名乗った。室町時代彦部氏足利将軍家に仕え、永禄4年(1561年)に広沢の地に屋敷を構えたと伝わる。

建造物[編集]

主屋長屋門・冬住み・文庫倉・穀倉の5棟と土地20,607.15平方メートルが重要文化財に指定されている。一般公開は土曜日・日曜日・祝日の午前10時から午後4時までとなっており、平日や団体20名以上は予約が必要となる。

  • 主屋
    • 入母屋造茅葺江戸時代初期の建築と推定される。間取りは東が土間、西が居室となっており、広間・表座敷・奥座敷・裏座敷・納戸で構成されている。北の突出部は織物工場として利用されていた。
  • 長屋門
    • 寄棟造・茅葺。江戸時代中期の建築と推定される。
  • 冬住み(隠居屋)
    • 寄棟造・茅葺。江戸時代中期の建築と推定される。
  • 文庫倉
    • 土蔵造・切妻造・鉄板置屋根。江戸時代後期の建築と推定される。
  • 穀倉
    • 土蔵造・切妻造・桟瓦葺置屋根。安政3年(1856年)の建築である。
  • 櫓台
  • 竹が岡八幡宮
  • 土地 - 石垣・堀・土塁・水路・井戸・祀社を含む土地(宅地、山林、田、原野)20,607.15平方メートルが、建物とともに重要文化財に指定されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 土地の面積・地目は重要文化財指定時の官報告示(平成4年8月10日文部省告示第91号)による。桐生市公式サイトの「文化財」のページでは、土地を重要文化財の「附」指定としているが、当該土地は建造物と「一体をなして価値を形成する」ものとして指定されており、「附」指定ではない。

参考文献[編集]

  • 佐々木正純 編著 『きりゅう百景』 2008年(平成20年)160-161頁、85 彦部家住宅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]