広瀬豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広瀬 豊(ひろせ ゆたか、1932年 1月18日- 2006年(平成18年)7月20日)は日本の実業家、編集者陸上競技社設立者・元社長、元関東学生陸上競技連盟会長。苗字の広は正確には广に黄

略歴[編集]

愛知県稲沢市に生まれる。愛知県立一宮高校を1950年(昭和25年)に卒業、1954年(昭和29年)に法政大学経済学部を卒業し、ベースボールマガジン社に入社。季刊だった『陸上競技マガジン』の編集長に就任し、月刊化する功績を果たしたものの退社。その頃教科書出版に進出する講談社から、保健体育の編集者として声を掛けられ入社し、同時に1967年(昭和42年)に陸上競技専門誌『月刊陸上競技[1]を創刊、編集長を務める。講談社が教科書出版から撤退した後はスポーツ出版部長を務め、日本雑誌協会の活動にも尽力していた。

1986年(昭和61年)に陸上競技社を設立し、社長に就任する。2001年(平成13年)から関東学生陸上競技連盟会長を務める。2006年(平成18年)7月20日に肺炎で死去、74歳。

人物[編集]

高校時代は、三段跳で国体出場などの活躍をする。法政大学に進学後、結核に掛かり引退し、関東学生陸上競技連盟の幹事として、ユニバーシアードへの参加などに尽力した。 2003年(平成15年)の箱根駅伝第79回より出場校を15校から20校に増やすなど、箱根駅伝を国民的な人気イベントに発展させ、また、トワイライトゲームスを開催するなど陸上競技の普及に尽力した。

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広瀬が陸上競技社を設立後は、陸上競技社が編集し、講談社と共同で発行している。

外部リンク[編集]