広保山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
広保山城
和歌山県
城郭構造 山城
築城主 湯浅宗重
築城年 1143年以前
主な改修者 湯浅氏
主な城主 湯浅氏
遺構 曲輪、空堀

広保山城(ひろほやまじょう)は、紀伊国(現・和歌山県有田郡湯浅町)にあった日本の城

概要[編集]

築城時期は不明だが、湯浅宗重康治2年(1143年)以前に築いた城と思われる。方寸峠城・岩崎谷城とも呼ばれ、湯浅党の起点となった。康治2年に廃城。

宗重は湯浅城を築くまでこの城を居城とし、平安時代末期、紀伊国最大の武士団を築いたという。

城址は山城で、曲輪空堀が遺構として残る。

関連項目[編集]