年預

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

年預(ねんよ)は、中世日本に置かれた役職の1つ。

年預 (院司)[編集]

年預(ねんよ)は、院司に置かれた役職の1つ。院庁を監督して院中の事務執行を担当する責任者で、四位・五位の受領が別当を務めて院年預(いんのねんよ)あるいは年預別当(ねんよべっとう)と呼称されるのが恒例であった。後には院の執事や執権がこれを兼務する場合もあった。著名な年預に白河院藤原基隆鳥羽院藤原忠隆後白河院藤原俊盛美福門院平忠盛などがいる。後に大蔵省大炊寮と言った正式な官司摂関家家司にも年預が設置された記録が見られる。

年預 (寺院)[編集]

年預(ねんよ/ねんにょ)は、東大寺東寺金剛峯寺などの寺院に置かれた役職の1つ。大衆による集会評定の幹事となり、集会の開催・進行、決定事項の記録・保管・執行を行う。大衆の中から1年ごとになどで選出されるか、輪番制で交代した。寛平元年に円成寺に置かれたのが最古の記録である。

後にこうした寺院の慣習が武士に対しても影響を与え、鎌倉幕府評定衆引付衆月番制などに年預の制度・選出が影響が見られるとされている。