平松悠歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平松悠歩(ひらまつ ゆうほ)は、日本クラシック音楽ピアニスト

経歴[編集]

4歳より母の手ほどきのもとピアノを始める。10歳の時、中村紘子ピアノ公開レッスンに1年間出演、受講。茨城大学教育学部附属中学校卒業し、茨城キリスト教学園高校に全額給費特待生として入学。卒業後は東京音楽大学ピアノ演奏家コースに入学。在学中、特別待遇奨学金を得る。2008年には同大学研究科を修了。2010年、ドイツ国立ミュンヘン音楽大学大学院マイスタークラスを修了し、同年秋に拠点をモスクワに移す。現在は、チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院に在籍中。

2006年には浜松国際ピアノアカデミーを受講。 2009年、2010年イタリアにてエリソ・ヴィルサラーゼによる国際マスタークラスを受講。

受賞歴[編集]

  • PTNAピアノコンペティション・コンチェルト部門上級第1位(2000年)[1]
  • 第5回かずさアカデミア音楽コンクール第1位(2005年)[2]
  • 日本学生支援機構JASSO 優秀学生顕彰にて文化芸術部門優秀賞を受賞(2005年)
  • 第3回北本ピアノコンクール H部門第1位。併せて総合グランプリ受賞(2006年)[3]
  • 第12回コンセール・マロニエ21(Concert Marronnier21)ピアノ部門 第1位(2007年)[4]
  • 第3回東京芸術センター記念コンクール 芸術センター記念賞受賞(2008年)[5]
  • 東京芸術センター2008年度年間最優秀ピアニスト(2009年)[6]
  • ヴォルトゥーノ国際ピアノコンクール第1位(2010年)
  • Maria Yudina International Piano Competition 第1位(2012年)

活動[編集]

コンチェルトピアノ協奏曲)のレパートリーはモーツァルト20番ベートーヴェン1番ショパン1番チャイコフスキー1番ラヴェルト長調グリーグスクリャービンなどで、これまでに東京フィルハーモニー交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、セントラル愛知交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、那須フィルハーモニー管弦楽団栃木県交響楽団、Gross Vogel Philharmoniker, イ・ソリスティ・イバラキ、ひたちなか市民オーケストラなど多数のオーケストラと共演している。

日本国内各地に於いて、リサイタル、コンサートに招かれる他、近年ではドイツやイタリアを始めとし、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開している。 留学前の1年半に、東京丸ビル新丸ビルアトリウムにて計約50日(150ステージ)のコンサートに出演。2007年、2008年「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭」関連コンサートに出演。 ピアノを、播本枝未子、倉澤仁子、ミヒャエル・シェーファー、ゲルハルト・オピッツエリソ・ヴィルサラーゼに師事。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ピティナ・コンクール ピティナ・ピアノコンペティション 過去の記録 2000 第24回 ピティナ・ピアノコンペティション”. 2008年12月13日閲覧。
  2. ^ 第五回かずさアカデミア音楽コンクール(ピアノ)”. かずさアカデミア音楽コンクール運営委員会 (2005年7月10日). 2008年12月12日閲覧。
  3. ^ 第3回北本ピアノコンクールにて平松悠歩さんが最優秀賞”. 2008年12月13日閲覧。
  4. ^ 記者発表記事”. 2008年12月13日閲覧。
  5. ^ 第3回 東京芸術センター記念ピアノコンクール 結果”. 2008年12月13日閲覧。
  6. ^ 東京芸術センター”. 2009年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]