幣六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「幣六」

幣六(へいろく)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪

御幣を右手にもち上半身に何も着ていない姿で描かれている。石燕による解説文には「花のみやこに社(やしろ)さだめず あらぶるこころましみ 神のさわぎ出給ひしにやと」とあるが詳細は不明である[1][2]室町時代の『百鬼夜行絵巻』には御幣を持つ赤い色をした鬼のような姿の妖怪が描かれており、石燕はこれから発想をして幣六を描いたのではないかと考えられている[1]

浮世絵師月岡芳年錦絵『百器夜行』(1865年)に石燕の幣六を参考にしたと見られる絵を描いており、肌は赤く彩色されている[3]

平成以降の解説[編集]

付喪神の一つであるともされる[4]。漫画家・水木しげるの著作などでは、「事触れの紙を振りかざし、ご神託と称してデマを流し、人々を混乱に陥れる妖怪」と解説されている[5][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、311頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、301頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 別冊太陽『妖怪図譜』平凡社 2014年 48頁 ISBN 978-4-582-92219-6
  4. ^ 少年社・中村友紀夫・武田えり子編 『妖怪の本 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説』 学習研究社〈New sight mook〉、1999年、119頁。ISBN 978-4-05-602048-9
  5. ^ 水木しげる妖鬼化』1 関東・北海道・沖縄編、Softgarage2004年、94頁。ISBN 978-4-86133-004-9
  6. ^ 水木しげる 『決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』 講談社講談社文庫〉、2014年、652頁。ISBN 978-4-06-277602-8

関連項目[編集]