市川門之助 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二代目市川門之助の伊達与作。寛政6年(1794年)5月、江戸河原崎座の『恋女房染分手綱』より。東洲斎写楽画。

二代目 市川門之助(にだいめ いちかわ もんのすけ、寛保3年〈1743年〉 - 寛政6年10月19日1794年11月11日〉)とは、江戸時代中期の歌舞伎役者屋号瀧乃屋定紋は三升に辨の字、のち三升に門の字、替紋は丸に一の字。俳名は海丸・新車・龍車。

都八重太夫こと重岡重兵衛の子で江戸王子瀧の川村に生まれる。幼名を千吉といった。宝暦元年(1751年)、大坂で瀧中鶴蔵を名乗って初舞台。同6年(1756年)江戸に戻る。同9年11月に二代目瀧中秀松を襲名。同12年([1762年)に初代市川門之助の養子となり、同時に四代目市川團十郎の門下に入って市川瓣蔵と改名。明和7年(1770年)11月、中村座顔見世『鵺森一陽的』で二代目市川門之助を襲名する。寛政2年(1790年)、甲州の亀屋与兵衛座の『仮名手本忠臣蔵』で大当りをとる。その4年後の寛政6年10月19日、病により没した。享年52。

二代目市川八百蔵三代目澤村宗十郎初代尾上松助とならんで、当時の若手人気役者の一人に数えられ、和事荒事武道事舞踊を得意としたが、女形の役にも扮して所作事を勤めた。長男に三代目市川男女蔵がいる。

参考文献[編集]

  • 伊原敏郎 『近世日本演劇史』 早稲田大学出版部、1913年 195頁以降 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。
  • 朝日新聞社編 『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞社、1994年[1]
  • 野島寿三郎編 『歌舞伎人名事典』(新訂増補) 日外アソシエーツ、2002年