左宝貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

左 宝貴(さ ほうき、1837年 - 1894年9月15日)は、の将軍。字は、冠廷。山東省費県(現在の平邑県)地方鎮の人。平壌にて戦死

概要[編集]

山東省出身。日清戦争の際に李鴻章の命を受け、奉天軍(5,000名とも3,500名とも)を率いて平壌に進軍。1894年9月15日に日本陸軍と交戦中に戦死。

戦闘の詳細な様子は、平壌の戦い (日清戦争)を参照のこと。

左宝貴の部下は、遺体を回収しようとしたが銃撃戦が起こり断念。遺体は行方不明となった。戦後、左宝貴が倒れた付近には、日本人の手により柵が組まれ碑が建てられた。碑文には、「奉天師団総司令官左宝貴ここに死す」「平壌にて日本軍と戦うも、戦死」と記された。

後に朝鮮半島を訪れたイザベラ・バードは、著作の中で、この碑文を「敵軍の名将に捧げた品位のある賛辞」と表している[1]

出典[編集]

  1. ^ イザベラ・バード『朝鮮紀行』講談社学術文庫p406

関連項目[編集]