ドゥガルド・クリスティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドゥガルド・クリスティー(Dugald Christie、中国語: 司督閣1855年 - 1936年)は、イギリススコットランド出身の医師キリスト教宣教師で、19世紀後半から20世紀前半にかけて中国東北部営口瀋陽で医療伝道を行ない、彼が建てた病院中国医科大学の一部になっている。

彼の自伝『奉天三十年』は矢内原忠雄訳で日本でも広く知られている[1]

生涯・人物[編集]

ドゥガルド・クリスティーは1855年にスコットランドに生まれ、エディンバラで医学を学んだ。1882年にエディンバラ医療宣教会から中国満州へ派遣されて、初めは牛荘港(現在の営口)で医療伝道を行ない、後に奉天(現在の瀋陽)に移り、ここで病院を建てて、この病院はその後中国医科大学に発展した。1900年からはスコットランド自由教会からの派遣になっている。1923年に帰国し、1936年にエディンバラで亡くなった[2][3][4]

脚注[編集]

  1. ^ ドゥガルド・クリスティー (著)・矢内原忠雄 (翻訳)『奉天三十年』(上巻・下巻)(岩波新書・赤版、1938年)
  2. ^ ドゥガルド・クリスティー (英語)
  3. ^ 司督閣(百度百科) (中国語)
  4. ^ 杜格尓徳・克里斯蒂 (中国語)

関連項目[編集]