この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

工藤美知尋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

工藤 美知尋(くどう みちひろ、1947年4月29日[1] - )は、日本の戦史研究者、青山IGC学院学院長。

人物

1947年、山形県長井市に生まれる。山形県立長井高等学校を経て、1970年3月、日本大学法学部政治経済学科卒業。1972年3月、日本大学大学院政治学研究科修士課程修了。1972年~1974年、オーストリアウィーン大学留学。1979年、東海大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。1985年、東海大学より政治学博士号を取得。博士論文は「日本海軍 太平洋戦争開戦原因論」。

日本大学法学部助手、日本大学法学部専任講師の後、1992年3月、社会人入試・大学院入試のための本格的な予備校、青山IGC学院を主宰。社会人入試・大学院入試予備校の先駆者として多くの著作を手がける。また、大日本帝国海軍の研究者としても著名で、帝国海軍史の著作もある。

著作

  • 「日本海軍と太平洋戦争」(上・下)、南窓社、1982年
  • 「東条英機暗殺計画」、PHP研究所、1986年
  • 「稜線 劇物語 山本五十六」、光人社、1990年
  • 「残照 劇物語 井上成美」、光人社、1990年
  • 「孤独 劇物語 裕仁天皇」、光人社、1991年
  • 「日本海軍の歴史がよくわかる本」、PHP研究所、2007年

脚注

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.258

外部リンク

  • 青山IGC学院 - [1]