川竹道夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川竹道夫(かわたけ みちお、1948年1月22日 - )は徳島県徳島市出身のクラシックギタリスト徳島県立城南高等学校同志社大学電気工学部卒業。楠藤吉左衛門の末裔。

経歴[編集]

同志社大学ギタークラブにおいてギターを学び、上京の後尚美音楽学園卒業。ギターを大沢一仁、山口治良、阿部元幸、アリリオ・ディアスに師事。リュートつのだたかしに師事。

その後、1973年に尚美音楽学園(現東京コンセルバトワール尚美)講師として指導を始める。1977年に徳島に帰郷、エミール音楽院を設立、同時にギター教授活動を始める。1990年、徳島ギター協会を設立。1995年より民族楽器、ギターなど楽器製作と民族音楽の研究を始める。

1996年に近世雑楽団「エストラーダ」を結成。2000年、ギターリサイタル「プラテロと私」開催。2003年には徳島において「第一回アマチュアギター製作コンテスト」を開催。

出版物[編集]

  • CD 「エストラーダ」、CD「川竹道夫愛奏曲集」
  • エッセイ集「道〜我が優しき徳島」
  • 「我ら団塊一年生」(同窓会記念誌=共著)

所属団体[編集]

ギター関連
  • 徳島ギター協会会長
  • 日本スペインギター協会理事
  • ジュニア・ギター教育協会理事
  • GLCギターリーダースクラブ会員
  • 社団法人日本ギター連盟会員
その他の音楽関連
  • 徳島県音楽協会副会長
  • 近世雑楽団エストラーダ団長
  • 徳島フルート協会理事
  • 日本二胡振興会会員
他団体
  • 有限会社エミール・ソフト開発代表取締役
  • 社会福祉法人 徳島いのちの電話理事

外部リンク[編集]