川崎敏寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川崎 敏寛(かわさき としひろ、1965年8月21日 - )は、日本実業家東京電力エナジーパートナー代表取締役社長

人物・経歴[編集]

広島県出身。1988年横浜国立大学経済学部卒業。新飯田宏ゼミ出身。大学卒業後東京電力入社[1][2]。2014年からテプコカスタマーサービス代表取締役社長に出向し、新電力トップを目標に事業の拡大にあたった。2017年から東京電力エナジーパートナー代表取締役社長兼東京電力ホールディングス取締役を務め、ガス小売全面自由化を受け[2][3]首都圏の他、地方でのガス小売事業なども進めた[4][5][6]

脚注[編集]


先代:
小早川智明
東京電力エナジーパートナー社長
2017年 - 2019年
次代:
秋本展秀