川島博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川島博之
生誕 (1953-11-29) 1953年11月29日(64歳)
日本の旗 日本 東京都

川島 博之(かわしま ひろゆき、1953年11月29日 - )は、日本環境学者、農学者東京大学大学院農学生命科学研究科准教授。専門は、環境経済学システム農学。 2011年11月には行政刷新会議ワーキンググループ(提言型政策仕分け)の評価者を務める。

略歴[編集]

東京都生まれ。1977年東京水産大学卒業、1983年東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得の上退学。東京大学生産技術研究所助手農林水産省農業環境技術研究所主任研究官、ロンドン大学客員研究員などを経て、現在、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授。

1984年3月 東京大学 工学博士 論文の題は「都市河川汚濁回復に関する研究 」[1]

主な著書[編集]

著作
  • 「世界の食料生産とバイオマスエネルギー」、東京大学出版会、2008年、ISBN 978-4-13-072102-8
  • 「『食糧危機』をあおってはいけない」、文藝春秋、2009年、ISBN 978-4-16-371240-6
  • 「農民国家・中国の限界」、東洋経済新報社、2010年、ISBN 978-4-49-244367-5
  • 「食料自給率」の罠 輸出が日本の農業を強くする、朝日新聞出版、2010年、ISBN 978-4-02-330830-5
  • 「食の歴史と日本人 『もったいない』はなぜ生まれたか」、東洋経済新報社、2010年、ISBN 978-4-492-04402-5
  • 「『作りすぎ』が日本の農業をダメにする」、日本経済新聞出版社、2011年、ISBN 978-4-532-35477-0
  • 「電力危機をあおってはいけない」、朝日新聞出版、2011年、ISBN 978-4-023-30992-0
  • 「『戦略』決定の方法 ビジネス・シミュレーションの活かし方」、朝日新聞出版、2012年、ISBN 978-4-023-31022-3
  • 「データで読み解く中国経済―やがて中国の失速がはじまる」、東洋経済新報社、2012年、ISBN 978-4-492-44392-7
監修
解説

分担執筆[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース