川北良造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川北 良造(かわきた りょうぞう、1934年9月1日 - )は日本の木工芸家。重要無形文化財「木工芸」の保持者(いわゆる人間国宝)。木工芸の人間国宝としては5番目の認定者(1994年認定)[1]

概要[編集]

石川県出身。木の挽物の産地である山中町(現加賀市)に生まれ、木工芸家である父川北浩一に師事。のちに氷見晃堂に師事。挽物の技術に秀で、伝統的で高度な技術を持つ。川北作品は挽物が中心なので作品は一枚の板からロクロで削りだした皿や椀など丸い形のもの、あるいは丸く作って辺を切るものなどシンプルなものが多く、回転ではできない指物によるような四角い箱型の物は少ない。材はを中心に・黒なども使う。近年では象嵌の技法も取り入れる。拭漆の技法を高め、深みのある作品を作る。正倉院宝物の復元にも力をそそぐ[2][3]

経歴[編集]

  • 1934年 石川県江沼郡山中町(現・加賀市)生まれ
  • 1962年 第9回日本伝統工芸展入賞
  • 1966年 第13回日本伝統工芸展日本工芸会長賞
  • 1968年 第15回日本伝統工芸展日本工芸会長賞
  • 1994年 重要無形文化財「木工芸」保持者
  • 1999年 紫綬褒章[2]
  • 2004年 旭日中綬章

関係者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人間国宝事典』235頁。
  2. ^ a b 『人間国宝事典』236頁。
  3. ^ 石川新情報書府

参考文献[編集]

外部リンク[編集]