川中香緒里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「川中香緖里」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
川中 香緒里 Archery pictogram.svg
Kaori Kawanaka.jpg
2012年7月1日母校での壮行会にて
個人情報
生誕名 川中 香緒里
国籍 日本の旗 日本
生誕 1991年8月3日(25歳)
日本の旗 日本鳥取県東伯郡琴浦町
身長 159 cm (5 ft 3 in)
体重 53 kg (117 lb)
スポーツ
日本の旗 日本
競技 アーチェリー
クラブ ミキハウス

川中 香緒里(かわなか かおり、1991年8月3日 - )は、日本の女子アーチェリー選手。鳥取県東伯郡琴浦町出身。 以西小学校赤碕中学校米子南高等学校近畿大学経営学部卒業[1]ミキハウス所属。

2012年ロンドンオリンピック日本代表、団体銅メダリスト。2016年リオデジャネイロオリンピック日本代表

来歴[ソースを編集]

1991年8月3日、鳥取県東伯郡赤碕町(現・琴浦町)で生まれる。小学校ではバレーボール部、中学校ではソフトテニス部に所属。高校進学後にアーチェリーを始め、在学中にジュニアナショナルメンバー入り。

2011年10月、テヘランでのアジア選手権で団体優勝。

2012年6月、ロンドンオリンピック最終予選で出場権を獲得。7月29日、ロンドンオリンピック女子団体で早川漣蟹江美貴とともに3位決定戦のロシア戦に勝利し、オリンピック団体戦日本初の銅メダルを獲得。

2014年1月6日、かつて蟹江美貴選手が所属していたミキハウスに入社を発表[2]

同年9月、韓国・仁川で開催される2014年アジア競技大会では日本選手団旗手を務め[3]、団体戦で銅メダルを獲得。

2016年8月、リオデジャネイロオリンピックに2大会連続出場。女子団体戦では永峰沙織林勇気とともに2大会連続のメダル獲得を目指すも、準々決勝戦で後に金メダルを獲得する強豪韓国と当たり敗退し8位。個人戦では女子3選手の内唯一勝利を挙げるも2回戦敗退に終わった。

成績[ソースを編集]

  • 2007年10月 - 鳥取県高校新人戦ダブル優勝 [4]
  • 2008年8月 - 全国高校総体(埼玉県)団体5位。
  • 2009年
    • 3月 - 全国高校選抜大会(静岡県)個人14位。
    • 5月 - 世界ユース選手権大会最終選考会、女子ジュニア優勝。ジュニアナショナルメンバー入り。
    • 8月 - 全国高校総体(滋賀県)団体優勝。
    • 9月 - 新潟国体少年少女団体4位、個人優勝。
    • 11月 - つま恋カップ、女子ジュニア優勝。
  • 2010年
    • 2月 - アジアグランプリ(タイ王国の旗バンコク)団体7位、個人11位、混合団体3位。
    • 9月 - ワールドカップ(中華人民共和国の旗上海)団体6位。
    • 9月 - 世界学生選手権(中華人民共和国の旗深セン)団体3位、個人ベスト16。
    • 11月 - アジア競技大会中華人民共和国の旗広州)団体5位。
  • 2011年
    • 7月 - 世界選手権(イタリアの旗トリノ)ロンドン五輪団体枠逃す。
    • 8月 - ユニバーシアード(深セン)団体4位、個人6位、混合5位。
    • 9月 - ワールドカップ(上海)混合団体準優勝。
    • 10月 - プレオリンピック大会(イギリスの旗ロンドン)団体3位。
    • 10月 - アジア選手権(イランの旗テヘラン)団体で金メダル。
  • 2012年
    • 2月 - アジアグランプリ(バンコク)出場。
    • 4月 - ワールドカップオグデン大会(アメリカ合衆国の旗オグデン)兼ロンドン五輪日本最終選考会2位で日本代表入り。
    • 6月 - ワールドカップオグデン大会兼ロンドン五輪最終予選。個人決勝ラウンド3回戦敗退。団体で3位に入り、オリンピック団体戦および個人戦の出場枠獲得。
    • 7月 - ロンドン五輪団体で銅メダル、個人1回戦敗退。
  • 2014年
  • 2015年
    • 5月 - ワールドカップ上海大会の混合で準優勝。
    • 8月 - 世界選手権(コペンハーゲン)団体4位、個人ベスト16。
  • 2016年

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 琴浦町役場ホームページ(プロフィール記載あり)
  2. ^ アーチェリー川中らミキハウスへ 五輪銅メダル”. 47NEWS. 2014年1月13日閲覧。
  3. ^ アジア大会向け日本選手団が結団式NHK2014年9月14日
  4. ^ 2012年7月1日母校・以西小学校壮行会取材。プロフィール紹介DVD上映
  5. ^ アーチェリー、日本は女子優勝 アジア・グランプリ
  6. ^ 女子個人で川中優勝 アーチェリーのアジア・グランプリ
  7. ^ 女子団体が銅メダル アジア大会アーチェリー”. 朝日新聞デジタル. 2014年9月30日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]