岸清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸 清(きし きよし、1940年 - )は東京都出身の医学者栃木県立栃木高等学校東京医科歯科大学医学部卒業。1970年 東京医科歯科大学 医学博士 論文の題は 「Histochemical demonstration of purine nucleoside phosphorylase activity(プリンヌクレオシドホスホリラーゼ活性の組織化学的証明法)」。[1] 1974年から同大助教授(第1解剖学)。1987年東邦大学医学部教授(第1解剖学)に転じ、2005年から同大名誉教授。

著書[編集]

  • 「解剖学」(石塚寛他との共著)、医歯薬出版、1995年
  • 「解剖学」(五味敏昭他との共著)、中外医学社〈コメディカルのための専門基礎分野テキスト〉、2004年
  • 「触診機能解剖カラーアトラス」上下(監修)、文光堂、2008年

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース