岩牟礼城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
岩牟礼城
宮崎県
別名 岩瀬城
城郭構造 山城
天守構造 建造されず
築城主 不明
築城年 不明
主な城主 伊東氏島津氏
廃城年 元和元年(1615年
遺構 なし
位置 北緯31度58分45.54秒
東経131度1分21.23秒

岩牟礼城(いわむれじょう)は、現在の宮崎県小林市東方の城ヶ迫にあった城。築城年数、築城者などは一切不明。小林市にあった城の中では一番高地にあった城である。

真幸院・小林郷と穆佐院・野尻郷(旧西諸県郡野尻町)の境に位置し、伊東氏が小林郷を領有していた際には守備兵が置かれ、何かしらの変事が起こった際には野尻城以下に向けて狼煙を上げる役目を担っていたようである。

歴史[編集]

天正4年(1576年)に高原城小林城須木城島津氏に帰すると、岩牟礼城も島津氏の城に帰したとされる。

天正15年(1587年)、豊臣秀吉九州征伐に乗り出した際は、豊臣秀長の軍がこの城まで侵攻してきている。

元和元年(1615年)の一国一城令により廃城。

明治10年(1877年)の西南戦争の際には、この城跡に立て籠もった西郷軍と、水流迫(つるざこ)に陣を構えた官軍が砲撃戦を行った。

関連項目[編集]