岩松鷹司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩松 鷹司(いわまつ たかし、1938年2月11日 - )は日本生物学者愛知教育大学名誉教授、日本動物学会評議員。生殖生物学と発生生物学の専門家。

概要[編集]

高知県高知市長浜出身。東京農業大学を卒業後、名古屋大学理学研究科生物学専攻に進学し、山本時男に師事した。

メダカを研究材料として選び、の操作等の微細実験技術を独自に開発し、卵や受精の発生現象に多くの業績をあげた。イクオリンを用いた受精波の可視化などで有名。定年退官時までに発表した論文は180編を超える。

生殖生物学、発生生物学だけではなく、メダカの分類学、形態学にも多くの業績があり、それらは『メダカ学全書』を始めとした多数の著書に結実されている。

趣味として蝶の羽による数点の絵画を手掛けている。

定年退職後、日本めだかトラスト協会の初代会長に就任し、日本各地の野生メダカの保護運動にも取り組んでいる。

2017年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

著作リスト[編集]