岡田睦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岡田 睦(おかだ むつみ[1]/ぼく、男性、1932年1月18日 - 2010年以降)は、日本の作家。

東京生まれ。1956年慶應義塾大学文学部仏文科卒。家庭教師などをしつつ黒田壽郎黒田美代子古屋健三らと同人誌『作品・批評』を創刊[2]、また『三田文学』などに小説を書き、1960年「夏休みの配当」で芥川賞候補。以後ゴーストライターや無署名ライターをしながら私小説を書いた。三回結婚したが最後の妻から家を追い出され、老人ホームに入所、生活保護を受けていた[3]。2010年に「灯」を発表したが以後消息不明。

著書[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • 「伴奏者の哀歓」新潮 1998-06
  • 「梅雨晴れの日に」群像 2000-07
  • 「ぼくのホレイショ」群像 2003-07
  • 「GIブルース」群像 2006-11
  • 「キングコングス」文學界 2006-11
  • 「灯」群像 2010-03

脚注[編集]

  1. ^ 「私は「おかだぼく」ではない。オカダムツミである」と『三田文学』1976年、第63巻、第7~10号、17ページに書いている。
  2. ^ 『明日なき身』「灯」
  3. ^ 坪内祐三・西村賢太「ダメ人間作家コンテスト」『本の雑誌』2015年12月