岡田守弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 守弘(おかだ もりひろ、1894年明治27年)11月 - 1984年昭和59年)4月22日)は、日本剣道家。段位は剣道範士八段、居合道範士八段。鞍馬流剣術警視流剣術を修めた。

略歴[編集]

新潟県生まれ。1923年大正12年)上京して警視庁に奉職し、同時に柴田衛守の道場習成館に入門し鞍馬流剣術を学ぶ。1928年(昭和3年)、中山博道の高弟橋本統陽居合を学ぶ。1935年(昭和10年)、杉並区に尚道館道場を創立。

警視庁剣道師範東京大学教養学部剣道師範、杉並区剣道連盟副会長、東京都剣道連盟居合道部会副会長等を歴任した。弟子に佐川博男などがいる。

エピソード[編集]

鞍馬流剣術の技「変化」で会得した竹刀の巻き落としを得意とした。一度も打ち合いせず富山県警察部師範の松本重平は9回、武道専門学校教授の佐藤忠三は6回も竹刀を飛ばされた。大島治喜太も度々竹刀を落としたが、大島は「そのような技をやっていると大成しない」といって巻き落としを禁じ、斎村五郎もこれに同調したため、岡田は巻き落としを使わなくなった[1]

称号[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 堂本昭彦『明治撃剣家 春風館立ち切り誓願』138-142頁、徳間文庫

参考文献[編集]

  • 剣道時代』連載尚道館岡田守弘の剣道秘訣、体育とスポーツ出版社

外部リンク[編集]