岡橋治助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡橋 治助(おかはし じすけ、文政8年12月14日1826年1月21日) - 大正2年(1913年11月2日)は、日本の実業家第三十四国立銀行頭取、天満紡績社長。大和国十市郡(現奈良県田原本町)出身。幼名・留吉。後名・岡橋清左衛門。

天保13年(1842年)大坂に出て、太物商島屋で商売見習をし、安政3年(1856年)島屋の別家油屋治助の店を持ち、木綿商をはじめ、大阪屈指の木綿問屋となる。明治11年(1878年)第三十四国立銀行(三和銀行の前身)を設立、頭取に就任。一方和歌山第四十三、日本共同、中立貯蓄、日本中立の各銀行にも関係。さらに大阪・河南の諸鉄道、日本生命保険日本火災保険、日本倉庫、帝国物産など30余りの事業創設に参画した。また明治20年(1887年)に天満紡績を設立し社長となり、ほかに日本綿花、日本紡績などの育成・発展に努め、大阪綿紡界の草分けとなった。大阪商業会議所特別議員。明治41年(1908年)隠居して清左衛門と改名。