岡城 (筑前国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
岡城
福岡県
画像1 009.jpg
別名 筑前岡城、宗像岡城、腰山城
城郭構造 山城
築城主 麻生氏
築城年 文明年間
主な城主 麻生氏、宗像氏
廃城年 不明
遺構 曲輪
指定文化財 町指定史跡
位置 北緯33度50分38.7秒
東経130度36分9秒
地図
岡城の位置(福岡県内)
岡城
岡城

岡城(おかじょう)は福岡県遠賀郡岡垣町にあった山城である。他の岡城と区別するために、筑前岡城宗像岡城とも呼ばれる。標高約40メートルの丘陵上に位置する。岡垣町指定史跡。

概要[編集]

文明年間に、足利義政の命を受けた大内義弘の命によって麻生氏が築城した。 16世紀前半に、麻生隆守の居城となる。 天文15年(1546年)に北上を開始した大友宗麟に与した瓜生貞延に攻められ落城し、隆守は自害した。以後は貞延が統治。

アクセス[編集]

  • 西鉄バス「吉木小学校前」より徒歩5分。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本歴史地名大系(オンライン版) 小学館 (『日本歴史地名大系』 平凡社、1979年-2002年 を基にしたデータベース)

外部リンク[編集]