岐阜県道231号荒尾笠縫線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
岐阜県道231号標識

岐阜県道231号荒尾笠縫線(ぎふけんどう231ごう あらおかさぬいせん)とは、岐阜県大垣市一般県道(岐阜県道)である。

概要[編集]

大垣市中心部と国道21号米原市方面や市道を経由して国道417号揖斐川町方面を結ぶ道路である。

変則的な交差点になっている国道21号との交差点(熊野交差点)の西行きは渋滞しやすい。

終点の笠縫町は十六夜日記の作者阿仏尼が宿泊したといわれている。

路線データ[編集]

通過する自治体[編集]

主な接続道路[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]