山田要一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 要一(やまだ よういち、1944年9月11日 - )は、日本中央競馬会美浦トレーニングセンター北に所属していた元調教師および元騎手福島県出身。

来歴[編集]

1960年中山競馬場柴田恒治郎厩舎所属の騎手見習いとなる。

1965年、騎手免許を取得し、同厩舎より騎手デビューする。

1971年、中山競馬場白井分場(のちに美浦トレーニングセンター)・小林勘治郎厩舎所属となる。

1979年、騎手を引退し、同厩舎所属のまま調教助手に転身する。騎手成績は中央競馬通算1616戦122勝。

1980年、美浦・仲住芳雄厩舎所属となる。

1982年、調教師免許を取得する。

1983年、厩舎を開業し、3月12日に中山競馬場で管理馬が初出走してヤマノチャンプが7着となり、同馬は3月27日に中山競馬場で勝利を挙げ、管理馬がのべ5頭目で初勝利を挙げた。

1990年12月6日テレビ東京賞3歳牝馬ステークスをブルーベイブリッジが制し、管理馬が重賞競走初勝利を挙げた。

1996年5月8日に管理馬が地方競馬で初出走し、同日初勝利を挙げた。

2008年、定年まで7年を残し、3月31日付で自主廃業する形で調教師を勇退した。最後の管理馬の出走は3月29日にバブルビッグワンが15着となった。調教師成績は中央競馬通算3464戦191勝、地方競馬通算68戦4勝。引退後は競馬予想会社の顧問となる。

おもな管理馬[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]