山田茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 茂樹(やまだ しげき、1949年[1] - )は、日本の新左翼活動家。組織名は木元革労協木元派(赤砦社派)の指導者。

来歴[編集]

1968年大阪府立大手前高等学校を卒業、1969年東北大学に入学、1973年の早稲田解放闘争より東京で活動。

1999年5月、狭間派こと現代社派から追われる形で木元派を結成。直後の6月に現代社派により襲撃される。これにより、山田は瀕死の重傷を負い、一命こそ取り留めたものの、単独での歩行に支障をきたすほどの後遺症を負った。また、この事件がきっかけとなって木元派と現代社派との抗争が勃発する。

2013年11月28日、偽名でホテルに宿泊したとして部下の女性とともに逮捕された[1]

2021年5月17日、大阪市西成区で「俺らは、暴力的に何でもやってきた人間なんだよ。人殺しもやってきたんだ。この辺をうろうろしていたら許さんぞ」と日雇い労働者の雇用問題などに取り組む団体の関係者を脅迫したとして逮捕された[2]5月27日大阪地方検察庁は山田を起訴猶予処分とした[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 革労協反主流派最高幹部ら逮捕=偽名で宿泊容疑、拠点捜索-警視庁公安部時事通信…リンク切れ
  2. ^ 革労協反主流派最高幹部を逮捕 活動方針めぐり脅迫容疑 大阪府警、時事通信
  3. ^ “過激派最高幹部を起訴猶予 大阪地検”. 時事通信社. (2021年5月27日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2021052701114&g=soc 2021年5月30日閲覧。