山田コレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田コレクション(やまだコレクション)は、北海道江別市の実業家で蒸気機関車コレクターの山田建典(1942年 - 2015年)による、道内の専用線・私鉄の蒸気機関車10数両をはじめとした鉄道車両や鉄道関連図書等のコレクション[1]。その規模は個人のコレクションとしては日本最大である[要出典]

2011年に[要出典]鉄道車両は山田から日本鉄道保存協会に譲渡された[2]。このうち1両は東武鉄道が買収し[2]、動態復元を進めている。他の車両は公開に向けた調整が行われている[要出典]。段ボール箱50個にものぼる文書資料は2019年に小樽市総合博物館に遺族から寄贈され、2021年に初めて資料による企画展が実施された[1]

保存車両[編集]

その他・客車・貨車・除雪車各1両。

脚注[編集]

  1. ^ a b “山田コレクション初公開 小樽市総合博物館”. 小樽ジャーナル. (2021年11月15日). https://www.otaru-journal.com/2021/11/post-76368/ 2022年1月15日閲覧。 
  2. ^ a b c 江別市の山田コレクションSL「C11 1」蒸気機関車が北海道外へ!東武鉄道に売却 2018年内に搬送予定”. えべナビ! (2018年10月2日). 2022年1月15日閲覧。
  3. ^ “東武鉄道、蒸気機関車C11形123号機を公開 - 来春の運行開始めざす”. マイナビニュース. (2021年12月24日). https://news.mynavi.jp/article/20211224-c11123/ 2022年1月15日閲覧。 

外部リンク[編集]