山本陽子 (美術史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 陽子(やまもと ようこ、1955年 - )は、日本の美術史学者、明星大学教授。専門は日本中世絵画史。

東京都生まれ。1977年早稲田大学文学部芸術学卒、91年同大学院文学研究科博士課程後期単位取得。2002年明星大学人文学部助教授、07年准教授、09年教授。2004年「絵巻における神と天皇の表現」で早大より博士(文学)を取得。

著書[編集]

  • 『絵巻における神と天皇の表現 見えぬように描く』中央公論美術出版 2006
  • 『絵巻の図像学 「絵そらごと」の表現と発想』勉誠出版 2012

参考[編集]