山本孫春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 孫春(やまもと まごはる、1932年2月27日 - )は、日本政治家。元宮崎県日向市長(1期)。

来歴[編集]

宮崎県議会議員を経て、2000年3月31日、日向市長に就任。

2002年7月1日にオープンした日向市の第三セクターの温泉施設「日向サンパーク温泉」からレジオネラ菌が検出され、死者7人を含む多くの感染者を出した問題[1]では、温泉社長(市長が兼務)として管理責任が問われた。2003年2月28日には業務上過失致死容疑で書類送検される(2004年3月8日不起訴処分)。この事件の責任問題が争点になった2004年3月21日の日向市長選挙では新人の黒木健二に敗れた。

2017年4月、旭日中綬章を受章。

脚注[編集]

先代:
赤木欣康
Flag of Hyuga.svg 宮崎県日向市長
2000年 -2004年
次代:
黒木健二