山本一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 一(やまもと はじめ、1952年11月25日[1]または12月[2] - )は、国文学者学位は、文学博士大阪大学論文博士・2000年)(学位論文「慈円の和歌と思想」)。金沢大学教授。

略歴 [編集]

京都府出身。1975年神戸大学文学部国文科卒、同大学院文学研究科修士課程修了。1982年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。1984年「速詠の季節-文治後半の慈円と周辺」ならびに過去の業績で日本古典文学会賞受賞。2000年「慈円の和歌と思想」で大阪大学より文学博士学位を取得。大阪大学助手、金沢大学教育学部講師、同助教授、同教授、人間社会研究域学校教育系教授。[3]

著書 [編集]

  • 『慈円の和歌と思想』和泉書院 1999
  • 藤原俊成 思索する歌びと』三弥井書店 2014
  • 『『発心集』と中世文学 主体とことば』和泉書院 2018
編著

校訂など [編集]

脚注 [編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 金沢大学
  3. ^ 『藤原俊成』著者紹介