山崎進一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 進一(やまざき しんいち、1931年? - 2007年5月29日)は、森林開発公団(現緑資源機構)元理事。

来歴[編集]

高知市出身。京都大学卒業。森林開発公団の生え抜き職員として活躍し、業務部長などを経て1988年に生え抜き職員として初めて森林開発公団理事に就任。1990年、理事を退任した。他に、特定森林地域協議会副会長、森公弘済会理事などの要職を歴任した。

2007年に松岡利勝農林水産大臣らに政治献金をしていた疑惑が浮上。5月26日に官製談合疑惑で自宅を家宅捜索し、同日から28日まで事情聴取。28日、松岡は自殺。山崎は29日午前5時過ぎ、森林開発公団による官製談合事件の調査のさなかに投身自殺した。午後から聴取を行う予定だった。

関連項目[編集]