山口菜津子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 菜津子(やまぐち なつこ、1989年3月25日 - )は、高知県高知市出身の女子競輪選手日本競輪学校第102期生。師匠は野本博俊(56期)。

来歴[編集]

高知県立高知海洋高等学校を経て会社員となったが、弟が自転車競技を行っていた影響や、2012年に女子競輪(ガールズケイリン)が復活する話を受け、野本に師事。2011年2月、同校第102回(女子第1期)技能試験に合格[1]。在校競走成績は第21位(2勝)[2]

2012年7月1日平塚競輪場でデビューし5着。初勝利は2013年8月6日弥彦競輪場で挙げた。左記の通り、初勝利を挙げるのにデビュー後1年以上を要しているが、2着、3着の回数が多いため、決勝進出歴が多い。

外部リンク[編集]

脚注[編集]