山口一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山口 一男(やまぐち かずお、1946年8月6日 - )は、日本の社会学者シカゴ大学ハンナ・ホルボーン・グレイ記念特別社会学教授Ph.D.シカゴ大学、1981年)。

1992年より米国の社会学研究協会 (Sociological Research Association) 会員となる。2003年1981年から1999年の間に社会科学一般の部で被引用文献多数の250人中1人と米国の科学情報研究所が認定する。2008年秋学期にシカゴ大学社会学科長に就きシカゴ学派の一員となる。American Sociological ReviewAmerican Journal of Sociologyなどの学会誌などに論文を投稿している。

経歴[編集]

  • 1971 東京大学理学部数学科学士
  • 1979 シカゴ大学社会学修士
  • 1981 シカゴ大学社会学博士
  • 1971-74 総理府統計局調査部経済統計課事務官
  • 1976-78 総理府統計局調査部労働統計課標本抽出係長
  • 1982-85 コロンビア大学精神医学部リサーチアソシエート
  • 1983-85 コロンビア大学公共衛生大学院助教授
  • 1985-87 カリフォルニア大学ロサンゼルス校社会学部助教授
  • 1987-91 カリフォルニア大学ロサンゼルス校社会学部準教授
  • 2001-02 一橋大学経済学大学院研究科客員研究員
  • 1991- シカゴ大学社会学部教授
  • 1991- シカゴ大学・NORC、人口問題研究センター・オグバーン-スタウファーセンター リサーチアソシエート
  • 1998-2007 シカゴ大学・NORC、アルフレッド・スローンセンター リサーチアソシエート
  • 2003 オランダ ユトレヒト大学社会学部 客員教授
  • 2003- 経済産業研究所客員研究員

著作[編集]

  • Event History Analysis. Sage Publications. 1991.
  • 『ダイバーシティ――生きる力を学ぶ物語』、東洋経済新報社、2008
  • 『論争日本のワーク・ライフ・バランス』、山口一男・樋口美雄編、日本経済新聞出版社、2008
  • 『ワークライフバランス――実証と政策提言』、日本経済新聞出版社、2009

単著論文[編集]

外部リンク[編集]