山下範久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山下 範久(やました のりひさ、1971年 - )は、日本社会学者歴史学者。専門は、歴史社会学、世界システム論

略歴[編集]

大阪市生まれ。大阪府立天王寺高校卒業を経て、1995年東京大学教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科およびニューヨーク州立大学ビンガムトン校大学院で学ぶ。その後、2001年北海道大学大学院文学研究科助教授(歴史文化論講座を担当)、2007年立命館大学国際関係学部准教授、2010年より、立命館大学国際関係学部教授。

ニューヨーク州立大ではイマニュエル・ウォーラステインに師事した。現在のところ、ウォーラステインに直接教えを受けた唯一の日本人である。A.G. フランクの大著『リオリエント』の翻訳および自らの処女作『世界システム論で読む日本』で注目される一方、ウォーラステインの著作の翻訳や解説も精力的に行なっている。

ワインに関する造詣が深く、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート資格、米国ワインエデュケーター協会認定スペシャリスト・オブ・ワイン(CSW)資格を持ち、ワイン産業に関する研究もおこなっている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『世界システム論で読む日本』(講談社[講談社選書メチエ], 2003年)
  • 『現代帝国論――人類史の中のグローバリゼーション』(日本放送出版協会[NHKブックス], 2008年)
  • 『ワインで考えるグローバリゼーション』(NTT出版, 2009年)

編著[編集]

  • 『帝国論』(講談社[講談社選書メチエ], 2006年)

訳書[編集]

  • アンドレ・グンダー・フランク『リオリエント――アジア時代のグローバル・エコノミー』(藤原書店, 2000年)
  • イマニュエル・ウォーラーステイン『新しい学――21世紀の脱=社会科学』(藤原書店, 2001年)
  • イマニュエル・ウォーラーステイン『時代の転換点に立つ――ウォーラーステイン時事評論集成1998-2002』(藤原書店, 2002年)
  • イマニュエル・ウォーラーステイン『世界を読み解く 2002-3』(藤原書店, 2003年)
  • イマニュエル・ウォーラーステイン『脱商品化の時代――アメリカン・パワーの衰退と来るべき世界』(藤原書店, 2004年)
  • イマニュエル・ウォーラーステイン『入門・世界システム分析』(藤原書店, 2006年)
  • イマニュエル・ウォーラーステイン『ヨーロッパ的普遍主義――近代世界システムにおける構造的暴力と権力の修辞学』(明石書店, 2008年)

外部リンク[編集]