尚弘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尚 弘子(しょう ひろこ、1932年12月25日[1] - )は、日本農学者琉球大学名誉教授。1991年から1994年には日本では2番目の女性副知事として沖縄県副知事に就任していた。

夫は尚順の六男である尚詮1926年-1990年)であり、琉球国王に連なる家系である[2]

略歴[編集]

1932年沖縄県那覇市で生まれる[1]

ガリオア資金を受け、アメリカ合衆国ミシガン州立大学家政学部に留学[3]1954年に卒業(学士号取得)し、1956年には同大学大学院で栄養学修士課程を修了する。帰国してすぐに琉球大学講師として勤務。ガリオア資金留学生の同窓会「金門クラブ」で後に沖縄県知事となる大田昌秀と面識を得る[3]

1958年に尚詮と結婚する[2]1972年に琉球大学で教授に就く。

1982年には九州大学で農学博士号を取得する[3]

大田昌秀の県知事選挙での公約に「女性副知事の登用」があったが、人選に難航。「金門クラブ」のメンバーが尚を推したことで、就任依頼が行われた。夫である尚詮は1年前に亡くなっていたが、政治の世界に非常に興味を持っていたこともあり、尚は亡き夫の霊の導きもあったのかもしれないと語っている[3]1991年8月、日本では2番目となる女性副知事として沖縄県副知事に就任し[3][4]1994年の任期まで在任した[3]

その後、沖縄県公安委員会委員長、NHK経営委員会委員、沖縄協会理事、沖縄観光コンベンションビュロー理事、健康科学財団理事、沖縄国際大学理事などを歴任する[3]2005年より、琉球大学名誉教授を務める[3]

2006年11月3日瑞宝中綬章を受章する[5]

著書[編集]

監修
編集

出典[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.371
  2. ^ a b 松島弘明 (2011年1月30日). “『松山御殿の日々 尚順の娘・茂子の回想録』 首里の生活文化伝える”. 琉球新報. 2016年3月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 地方の生活者の視点から見る地方分権と首都機能移転 - オンライン講演”. 国土交通省. 2016年3月14日閲覧。
  4. ^ 1991年(平成3年)沖縄県内十大ニュース”. 琉球新報 (1991年12月27日). 2016年3月14日閲覧。
  5. ^ 秋の叙勲 県から43人”. 琉球朝日放送報道部 (2006年11月3日). 2016年3月14日閲覧。