少弐資時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
少弐資時
Suketoki Shoni Statue.jpg
壱岐市にある少弐資時像
時代 鎌倉時代中期
生誕 弘長3年(1263年
死没 弘安4年6月29日1281年7月16日
墓所 長崎県壱岐市芦辺町
官位 備中権守、贈従四位
幕府 鎌倉幕府 壱岐守護代
主君 惟康親王
氏族 少弐氏
父母 父:少弐経資
兄弟 資時盛経[1]時経盛氏貞資

少弐 資時(しょうに すけとき)は、鎌倉時代中期の武将少弐経資の長男。壱岐国守護代

生涯[編集]

文永11年(1274年)の文永の役で、叔父・少弐景資に従って12歳で初陣を果たした。弘安4年(1281年)の弘安の役では、祖父・資能や父・経資らと共に日本軍を率いて、壱岐島を占領する東路軍と戦うが壱岐島前の海上で戦死する。享年19。

この壱岐島の戦いで敗退した東路軍は壱岐を放棄して、平戸島に移動した。後に叔父・景資は、鷹島で蒙古軍を殲滅した。大正4年(1915年11月10日、従四位の位階が追贈された。

その他[編集]

壱岐神社・壱岐護國神社(壱岐市芦辺町)の祭神として祀られており、また、隣接する少弐公園には、「ショウニイさま」と呼ばれていた少弐資時の石積みの墓がある。1997年、彫刻家の小金丸幾久が制作した馬に乗る「少弐資時公像」が、元寇720年を記念して芦辺港フェリーターミナルに建立された。

脚注[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』第2篇 391頁

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]